養育費は父母の義務 1/3

・『養育費』とは、《子を養い育てる》ための費用であり、「財産分与」や「慰謝料」と同様に『離婚』に伴って生じるものです

しかし、夫婦間の金銭的清算の意味をもつ「財産分与」や「慰謝料」とは性質が異なるため、これらとは別に計算されます

夫婦に未成年の子がいる場合、どちらか一方を「親権者」に定めなければ『離婚』することはでません

そして、「親権者」にならなくても…親である限りは、《子を養い育てる》という義務が無くなるコトはあり得ません



・離婚後も子供と一緒に暮らす親は、子供の身の回りの世話/しつけ/教育を行い、実際の生活費や教育を負担する‥など、まさしく《子を養い育てる》親です

しかし、子供と生活を共にしない親にも、《養育義務》は確実に有ります

(ご心配なく?!)

そこで、子供と離れて暮らす親は…〈離婚後の一定期間は「養育費」を支払う〉‥という形で、《子を養い育てる》親となるのです
< 55 >

次へ



分野別
離婚の手続き | 裁判所で離婚 | 離婚とお金 | 離婚と子供

離婚creamsoda
離婚creamsoda