親権の指定と記載 1/2

・協議、調停、審判、裁判…どの経緯をたどっても、市区町村に「離婚届」を提出して受理されれば『離婚』が成立し、有効となります

未成年の子がいる場合は、「離婚届」に夫婦(父母)のどちらが「親権者」になるのか記載して提出します

「親権者」の記載が無い「離婚届」は、受理されません

『民法・第819条1項』により、【父母が協議上の離婚をするときは、その協議で、その一方を親権者と定めなければならない】…と、定められています



・「親権」は、『離婚』する夫婦に未成年の子がいる場合に、その子を幸福にするための制度です

〈親であるコトに変わりは無いから、どっちでもイイや〉‥などといった軽い気持ちで「親権者」を決めてしまうと、後にトラブルとなってしまうかもしれません

「協議離婚」をする場合は、「親権」に関する事項について、慎重に双方が納得するまで十分に話し合うことが必要です
< 51 >

次へ



分野別
離婚の手続き | 裁判所で離婚 | 離婚とお金 | 離婚と子供

離婚creamsoda
離婚creamsoda