親権の指定と記載 2/2

・「離婚届」には、「監護者」を記載する欄がありません

そこで、「親権者」とは別に「監護者」を定める場合で「協議離婚」をする際には、「離婚協議書」や《念書》を作成しておくのが良いと思われます

さて、「離婚届」に「監護者」の記載をしないのは、ナゼでしょう?立場からすると、一緒に暮らして身の回りの世話をしてくれる「監護者」の方が、名前だけの「親権者」よりは重要だと思うのですが…



・様々な理由により、離婚後は、両親ともに子供の世話ができないこともあります

この場合は、「家庭裁判所」の「審判」によって、子の父母以外の第三者を「監護者」に指定することができます

《第三者》とは、子の父母の親戚や児童福祉施設などです

子をもつ夫婦は、当然に「親権者」となります

婚姻期間中は双方が、離婚後は一方が必ず「親権者」です

そして、離婚後の「親権者」は、〈必ず「監護者」でもある〉…とはいえないのです

つまり、《必ずではない》から、記載の必要も無いってコト?



…ウ〜ン、どうでしょう(長嶋茂雄ふう)…
< 52 >

次へ



分野別
離婚の手続き | 裁判所で離婚 | 離婚とお金 | 離婚と子供

離婚creamsoda
離婚creamsoda