財産分与は共有財産を 1/2

・「財産分与」の対象となるのは、夫婦が《婚姻期間中》に形成した財産…『共有財産』です

したがって、夫婦のそれぞれが結婚する前から所有していた財産…『特有財産』は、「財産分与」の対象外です

「財産分与」について民法(第762条)は、以下のように定めています

  1. 夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産とする
  2. 夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する




・〈これは、オレ(ワタシ)の特有財産だ〜〉‥と、主張するためには、「共有財産」ではない…とする、明らかな証拠が必要なのです

「共有財産」とは、夫婦の合意で共有とし、共同の名義で取得した財産です

(そのマンマですね…)共同生活に必要な動産(自動車・家財道具等)/不動産(土地・建物)/有価証券/株式/現金・預貯金‥などが、「共有財産」に該当します

…アレ?不動産・自動車・株式・預貯金などの名義は、どちらか一方になっている場合もある…というより、《共同名義》の方が少ないような…

でも「共有財産」になるのです
< 35 >

次へ



分野別
離婚の手続き | 裁判所で離婚 | 離婚とお金 | 離婚と子供

離婚creamsoda
離婚creamsoda