財産分与は共有財産を 2/2

・婚姻期間中に夫婦が協力して取得した財産で、一方の名義になっているもの…預貯金などは、〈実質的には共有している財産である〉‥とみなされます

『実質的共有財産』として、「財産分与」の対象となっています

ただし、共稼きの夫婦が生活費等を出し合い、残額を各自で貯金していた場合…各自の預貯金は「特有財産」とみなされ、基本的には「財産分与」の対象にはなりません



・社会通念上、各自の専用品とされる装身具などは「特有財産」です

(…億単位の宝石も?!)また、婚姻期間中に「相続」や「贈与」によって取得した財産は、基本的には対象外となっています

ただし、「特有財産」であっても、配偶者がその財産の増加に貢献している場合は…「財産分与」の際、その貢献度が考慮されます
< 36 >

次へ



分野別
離婚の手続き | 裁判所で離婚 | 離婚とお金 | 離婚と子供

離婚creamsoda
離婚creamsoda