財産分与のワイドな性質 1/2

・『離婚』した後に快適な(?)生活をするために、『財産分与』は、重要です

「財産分与」法律的に意味する範囲は、たいへん広いものとなっています

『離婚』に伴う「財産分与」には、〈夫婦で築いた財産を、離婚時に清算し分け合う〉といった趣旨があります

このことは、「財産分与」は、夫婦が婚姻期間中に築いた共同財産の《清算》としての性質をもつ…という意味があり、『清算的財産分与』といわれています

「清算的財産分与」は、「財産分与」の中心になります



・離婚後は〈当事者(夫婦)のうち生活能力のある方が、もう一方の弱者を扶養する義務がある〉…と、考えられています

したがって、『離婚』に伴う「財産分与」には、 『扶養的財産分与』としての性質もあるワケです

経済的に弱い立場にある配偶者が、「清算的財産分与」も「慰謝料」も請求できない…または、請求した分だけでは生活が維持できないときがあります

このような場合に、〈弱者が自立するまでは、援助が必要だ〜〉…というコトで、「扶養的財産分与」を請求できるのです


< 33 >

次へ



分野別
離婚の手続き | 裁判所で離婚 | 離婚とお金 | 離婚と子供

離婚creamsoda
離婚creamsoda