裁判離婚は最後の手段! 2/3

・「裁判離婚」における「離婚原因」について、民法(第770条)は、以下のように定めています

○夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき


○裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる



・『離婚』の裁判を起こすためには、民法で定められた五つの「離婚原因」のどれかに該当することが必要です

そして、『離婚』をしたいと望む本人(申立人)が、その「離婚原因」を証明しなければなりません

〈「離婚原因」に該当してる〜!〉…という事実や証拠の申出をして、そのことを《立証》するワケです

専門的な法律の知識が必要です

想像すると、眩暈がしそうですが…裁判の手続きは、専門家(弁護士)に依頼するのでしょうね
< 31 >

次へ



分野別
離婚の手続き | 裁判所で離婚 | 離婚とお金 | 離婚と子供

離婚creamsoda
離婚creamsoda