調停離婚での調停調書 1/2

・《離婚調停》の結果、当事者(夫婦)が共に納得して合意に至り…「調停委員会」が〈『離婚』は妥当である〉‥と認めた場合、「調停」が成立します

そして、「調停」が成立すると…『離婚』の意思確認のほか、『離婚』に関する具体的な合意内容が記載された文書を、『調停調書』として作成します

「調停離婚」は、この「調停調書」が作成された時点で成立します

「調停離婚」の場合、〈『離婚』の成立日=「調停」が成立した日〉…ということになります



・「調停調書」には、〈『離婚』が成立したこと〉以外にも、「調停」で合意した内容が全て記載されています

そして、「調停」には裁判のような強制力は無いのですが…「調停調書」には、確定した判決と同じ効力があります

「養育費」などの《不払い》に対しては、「強制執行」ができるのです

また、「調停調書」が作成された後は…「調停」の内容を変更することや、記載内容に不服を申立てることができません

したがって、「調停」が成立して「調停調書」が記載される前に、調停内容をしっかり確認しておくことが必要です
< 26 >

次へ



分野別
離婚の手続き | 裁判所で離婚 | 離婚とお金 | 離婚と子供

離婚creamsoda
離婚creamsoda