調停離婚は調停前置主義 1/3

・日本では、家庭内で起こったトラブルを、いきなり法廷の場へと持ち込むことはできません

〈家庭内の事件は、できるだけ合意により解決を図るべきである〉…との考えに基づいて、まずは、「家庭裁判所」の「調停」を経る必要があります

この仕組みを、法律用語で『調停前置主義』といいます



・「調停前置主義」により、《夫婦関係の問題》である『離婚』について、「協議離婚」をするための決着がつかない場合でも…いきなり裁判を起こすことはできません

〈まずは調停による話し合いを、それでも解決できなければ裁判で〉…というワケで、『離婚』の裁判を起こす前に、「家庭裁判所」に《離婚調停》を申立てることが必要なのです

ただし、相手が行方不明の場合には、初めから裁判を起こすことができます

相手がいなければ、「調停」もできませんから…
< 21 >

次へ



分野別
離婚の手続き | 裁判所で離婚 | 離婚とお金 | 離婚と子供

離婚creamsoda
離婚creamsoda