調停離婚は調停前置主義 3/3

・「家庭裁判所」に《離婚調停》の申立てをすると、1ケ月ほど後に、第一回目の「調停」の呼び出しがあります

何度か「調停」を繰り返し、双方の合意が得られた場合…「調停調書」を作成して、『離婚』が成立します

(…万歳?)



何回「調停」を繰り返しても、合意が得られなければ…「調停」は不調に終わり、『離婚』は成立に至りません

そして、〈どうしても離婚したい〜!!〉‥という意思があるならば…「地方裁判所」に離婚訴訟をおこし、勝訴することで、やっと(?)『離婚』ができるのです



・「協議離婚」では、「離婚届」が受理されることによって、法律的な《夫婦間の解消》…つまり、『離婚』が成立したことなります

そして、「離婚調停」では、「調停調書」が作成されることで『離婚』が成立します

このように、「協議離婚」と「離婚調停」では…『離婚』の成立時期に、若干の違いがあるワケです

…やはり、「協議離婚」は、簡単ですね
< 23 >

次へ



分野別
離婚の手続き | 裁判所で離婚 | 離婚とお金 | 離婚と子供

離婚creamsoda
離婚creamsoda